バストアップランキング

バストアップ用語集

バストアップ用語集

 

バストケアコンシェルジュ
女性として最も象徴的であるバストをお客様の理想とするバストにするため、フルサポートするのが私達バストケアコンシェルジュの使命であり、存在でもあります。スポーツジムやスイミングにて、それぞれのお客様、生徒さんに合わせたトレーニングをし、それぞれの目的に近づけ達成できるように、インストラクター・教師のサポートがあります。それと同じでバストケアコンシェルジュとは、バストアップだけでなく、トータルボディーの美を目的にケア・サポートしていくものです。

 

光豊胸
光豊胸とは、波長の短い「近赤外線」を使って、乳房に光をあてることで脂肪細胞の膨張をうながし、バストアップを図る手法です。光豊胸は従来のバストアップ、バストケア、豊胸術にない方法で行っていますので、その効果は残念ながら実体験された方でないとわかりません。「光豊胸」は手術ではありません。バストアップやバストケアに近い気がします。
しかし、「光バストケア」や「光バストアップ」ではなく「光豊胸」と呼ばれています。

 

胸筋
乳腺や皮下脂肪の下にある筋肉で胸を張ったり腕を動かしたりするときに使われます。胸筋は胸全体の肉付きを保ち乳房を支えています。とくに大胸筋は乳房の土台となっている筋肉です。背骨や肋骨からなる胸部の骨格です。大胸筋の後ろにあり乳房を支えています。もちろんバストアップには欠かせない筋肉です。

 

大胸筋
胸筋とは、バストを支えている筋肉のことで、胸の上部全体を覆っています。物を押したりする時にメインに使う筋肉です。大胸筋を鍛えていると、バストの土台ができて、バストの下垂を防ぐことができます。逆に言えば、バストが大きいのに、大胸筋が弱っていると、バストが垂れてしまい、キレイなバストの形を損なってしまうことになりますので、普段の生活の中に大胸筋を鍛えるエクササイズを取り入れることをおすすめします。大胸筋は、バストアップにとって非常に大事な筋肉といえます。大胸筋を鍛えるエクササイズは、腕立て伏せ、ベンチプレスなどがあります。時間をみて積極的にバストアップにトライしてみましょう。バストアップクリームを使いエクササイズするとより効果的と言えるでしょう。

バストアップクリームの効果

 

バストアップブラ
バストアップブラとは、簡単に言うとバストを大きく見せるためのブラジャーのことを言います。パットを入れて見た目を大きくするものや、バストの谷間をつくったりするもの、つけているうちにマッサージ効果などがあり、胸自体のサイズをアップさせるバストアップを目的とするものなどがあります。また寝ている間にも、バストアップのケアをするブラジャーもあります。肌への密着感など人によっては、バストアップブラが不快に感じる場合もあるため、お肌の敏感な方は、素材やつくりなどご自分に合ったバストアップブラを慎重に選ぶのが良いでしょう。

 

吸引
バストアップ器具の中に吸引タイプのものがあります。種類も様々ですが、バストをカップにはめて、吸引して、電磁バイブが流れるものなどは、皮下細胞の血行をよくして、新陳代謝を活発にしてくれるので、必要な脂肪分を増幅する効果もあると言われています。また、余分な脂肪(お腹や太ももなど)を吸引して、その脂肪を乳房に注入するという脂肪注入豊胸術というものもあります。

 

チーズ
チーズはバストアップに必要な良質のたんぱく質を多く含んでいる食品です。良質なタンパク質は、血や筋肉を効率良く作り、女性ホルモンの働きを促進します。チーズは動物性タンパク質なので、肥満を気にする人は、植物性タンパク質を多く取るという方法もあります。またバスト以外の部分にまで脂肪がつかないように運動やエクササイズを行うのが良いと言われています。

それ以外に、バストアップに大切な栄養素は、

  • アミノ酸=チーズ・牛乳・大豆
  • 蛋白質=卵・肉・魚・牛乳
  • 脂肪(脂肪酸)=ハマチ・イワシ・サバ・ブリ
  • 糖質=ごはん(炭水化物)
  • 核酸構成物質=イワシ・サケ
  • ミネラル=ひじきやワカメなどの海草類・玄米
  • ビタミン=野菜・果物
  • ムコ多糖類=フカヒレ・オクラ・納豆

以上がバストアップを効果的に行う上で胸を大きくする栄養素と言われています。

また、バストアップを効果的にすると言われている食物は、

・豆腐・豆乳・マシュマロ・キャベツ等

俗に言われている胸を大きくする食べ物と一致しますが、栄養素から考えても胸を大きくする効果はあるようです。バストアップエクササイズの参考になればと思います。

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!